フラグとセッションとサーチモードについて

Expert article

フラグとセッションとサーチモードについて

RFIDリーダーは多くの設定を行うことができます。セッションとサーチモードは重要な設定項目です。

EPC GEN 2 規格では 最大4つのセッションをインベントリに登録することができます。これらのセッションには2つの目的があります。

1. タグがリーダーからのクエリに応答するタイミングを決定します。
2. 複数のリーダーと同時に通信する際に、タグが独立した状態を維持できるようにします。

EPC GEN2標準で定義されているように、セッションは、リーダーと関連するタグの集団からなるインベントリプロセスです。

フラグ

EPC GEN 2に準拠したタグは、Inventory Flag(インベントリフラグ)の「フラグA」および「フラグB」で表される2つの状態があります。

タグは、セッションごとに常に「Flag A」の状態で電源が投入されます。タグがいつ「Flag A」から「Flag B」の状態になるかはリーダーが制御します。リーダーはタグがいつ「Flag A」状態に戻されるかを制御することができますが、一般的には、タグのPersistence(パーシスタンス)と呼ばれるものによって制御されます。

リーダーがタグをインベントリすると、セッションフラグの状態が「A」から「B」に変更されます。タグが「A」の状態に戻る前に「B」の状態にどれだけ滞在するかを「パーシスタンス」 と呼びます。正確なパーシスタンス時間は、ユーザーが設定することはできず、Search(サーチ)モードやセッションに応じて概算するしかないことを理解しておくことが重要です。

セッション

以下はEPCの仕様表で、4つのセッション(セッションフラグでS0、S1、S2、S3と表記)ごとのパーシスタンス時間の詳細を示しています。

フラグ 設定時間 必要なパーシスタンス
S0 インベントリフラグ 初期値・最終値にかかわらず2ms以下 タグが通電:無期限
タグが非通電:なし
S1 インベントリフラグ 初期値・最終値にかかわらず2ms以下 タグが通電:
 公称温度範囲:500ms < パーシスタンス < 5s
 拡張温度範囲:指定なし
タグは非通電:
 公称温度範囲:500ms < パーシスタンス < 5s
 拡張温度範囲:規定なし
S2 インベントリフラグ 初期値・最終値にかかわらず2ms以下 タグが通電:不定
タグが非通電:
 公称温度範囲:2s< パーシスタンス
 拡張温度範囲:指定なし
S3 インベントリフラグ 初期値・最終値にかかわらず2ms以下 タグが通電:不定
タグが非通電:
 公称温度範囲:2s< パーシスタンス
 拡張温度範囲:指定なし

セッション0の場合は、フラグAからフラグBに移行後にリーダーから電波を受けている場合(タグが通電)は、フラグBを維持し、電波を受けなくなった場合(タグが非通電)、フラグAに戻ります。

セッション1の場合は、フラグAからフラグBに移行後にリーダーから電波の受信に関わらず(タグが通電・タグが非通電)、パーシステンスの時間(範囲:500ms~5s)でフラグAに戻ります。

セッション2と3の場合は、フラグAからフラグBに移行後にリーダーから電波を受けている場合(タグが通電)は、フラグBを維持し、電波を受けなくなった場合(タグが非通電)、2秒以上経過後にフラグAに戻ります。EPC GEN2標準では最低2秒と定義されていますが、最大値は指定されていません。

サーチモード

Search Mode(サーチモード)によってタグの読み取りをフラグによって変えることが出来ます。

組み合わせ

RFIDの現場では様々なケースがあります。
スマートシェルフのように継続的に読み取る場合。
複数のリーダーで読み取る場合。
高速読取が必要な場合。
大量のタグを読み取る場合。

それぞれの場合に最適なセッションとサーチモードを選択することは読取のパフォーマンスを最適にするために重要になります。

当社や商品に関することなど、
お気軽にお問合せください。