R700のリーダーモードについて

Expert article

R700のリーダーモードについて

Impinj R700リーダーは複数の異なるリーダーモードをサポート、特定のユースケースにおいて全体的な読み取り率、感度、および干渉耐性の適切なバランスを設定することができます。

Impinj R700はスタティックなLLRPモード(LLRPモード0~5)とオートセットモード(LLRPモード1002~1004)に加えて、新しいスタティックなリーダーモードをサポートしています。
これらの新しいスタティックリーダーモードは3桁の数字で表現され、特定のユースケースや環境においてより詳細な設定を行うことができます。
スタティックリーダーモードの一部は、既存のLLRPモードに対応しています。

LLRPモードとスタティックリーダーモード

LLRPとスタティックリーダーのモードマッピング

LLRPモード 日本スタティックリーダーモード
モード0 – High Throughput 201
モード1 – Hybrid 221
モード2–Dense Reader M4 240
モード3–Dense Reader M8 284
Mode 4 – Max Miller NA
モード5 – Max Miller ETSI 242
モード1000 – Autoset 非対応
モード1002 – Autoset Dense Reader Deep Scan 1210 [201,242,240,284]
モード1003 – Autoset Static Fast 1211 [201,242]
モード1004 – Autoset Static Dense Reader 1212 [240,284]

特定のユースケースにおいて特定のスタティックリーダーモードが、LLRPモードよりも優れた読み取り率、感度、および干渉耐性の組み合わせを提供することがあります。このような場合にはスタティックリーダーのモードを選択することで、リーダーの動作をより詳細に指定することができます。

LLRPモードについては、一般的に、LLRPモード0(High Throughput)は感度が低くても読み取り速度が最も速く、LLRPモード3(Dense Reader M8)は感度と干渉耐性が最も高いが、読み取り速度が最も遅いという特徴があります。

Impinj スタティックリーダーモード (日本版リーダー)

スタティックリーダーモードと、それに対応する変調パラメータの一覧

スタティックリーダーモード Fwd Modulation TARI PIE BLF M DR
201 PR-ASK 14.29 2 320 1 64/3
221 PR-ASK 14.29 2 320 2 64/3
242 PR-ASK 14.29 2 426 4 64/3
240 PR-ASK 14.29 2 320 4 64/3
282 PR-ASK 14.29 2 320 8 64/3
283 PR-ASK 14.29 2 213 8 8
284 PR-ASK 14.29 2 160 8 8

特定のユースケースにおいて特定のスタティックリーダーモードが、LLRPモードよりも優れた読み取り率、感度、および干渉耐性の組み合わせをになることがあります。このような場合にはスタティックリーダーモードを選択することで、リーダーの動作をより詳細に指定することができます。

*PIE:Pulse-Interval Encoding

*BLF:Backscatter Link Frequency

*M:Millerエンコーディングの数

*DR:Divide Ratio

当社や商品に関することなど、
お気軽にお問合せください。