Nordic ID RFIDテクノロジーを使用したNeste完全自動化セルフサービスストア

2020.06.03
NEWS

リアルタイムのアイテム追跡とセルフサービスソリューションを専門とするフィンランドのテクノロジー企業であるNordic ID Oyjは、無人ショップの俊敏な配備のためのRFIDテクノロジーベースの自動セルフサービスソリューションを開発しました。Nesteは、Nordic IDのRFIDソリューションを、完全に自動化された新しいEasy Deliセルフサービスストアで使用しています。

消費者の買い物行動の変化は、小売業界に大きな影響を与えています。消費者は、実店舗でのオンラインショッピングと同じレベルの使いやすさと利便性を期待しています。彼らはまた、24時間いつでも、そしてできれば自宅の近くで買い物をするオプションを望んでいます。消費者行動の変化と現在の強力な持続可能性の傾向が相まって、新しいショッピングコンセプトに対する需要が高まっています。

「私たちはNesteと緊密に協力して、自動化されたEasy Deliセルフサービスストアを開発しました。このサービスコンセプトの開発は、問題解決スキルもかなり必要でした。私たちのチーム、ノウハウ、そして現代的で更新されたカスタマーエクスペリエンスを提供するこの新しいショッピングコンセプトの作成に携わってきたという事実を非常に誇りに思っています。不確実な時代では、勝者は、変化する消費者の期待に最もよく応えるためにビジネスを変革することができる人です。」 Noridc IDのCEO、Juuso Lehmuskoski氏

消費者行動の変化には新しいショッピングの概念が必要

「このソリューションを開発する考えは、消費者の行動の変化に端を発しています。顧客は自分の都合いい時間、24時間いつでもで購入したいと考えています。今日、人々は列に並ぶことを避け、列が長すぎると感じた場合、購入を断念することさえあります。Lehmuskoski氏は、従来のバーコードベースのセルフチェックアウトでのチェックアウトプロセスは、有人レジスターでのチェックアウトプロセスよりもさらに時間がかかる可能性があると説明しています。

RFID技術を使用すると、個々のアイテムが視覚的に確認されずに識別されるため、大量のアイテムを瞬時にスキャンできます。これは例えば、日常的なタスクを自動化および合理化できること、また在庫管理を大幅に高速化できることを意味します。RFIDを使用すると、各アイテムを個別にスキャンする必要がなくなるため、読取エラーのリスクも減少します。

RFIDテクノロジーにより、柔軟な自動ショップが可能になります

自動セルフサービスショップの場合、RFIDはカメラやスケールテクノロジーベースのソリューションに比べて多くの利点を提供します。Nordic IDの無人ショップコンセプトS / MARTは、顧客のニーズに応じた店舗設定の迅速なカスタマイズを可能にし、小規模小売業者の予算にも適合します。展開とメンテナンスはシームレスで費用対効果が高いです。更にショップの品揃えやフロアプランは、必要に応じて簡単に変更できます。順応性のあるコンセプトのおかげで、S / MARTはホテル、セルフストレージウェアハウス、ビジネスホテルなどの最も用途の広い環境に適合します。

当社や商品に関することなど、
お気軽にお問合せください。