impinj, インピンジ, Speedway Revolution, xArray, xSpan, X-portal, Threshold, Guardwall, match box, mini guardrail, Antenna hub, near field, far field, GPIO, Speedway Connect, ItemSense, console cable, Indy500, Indy1000, Indy2000, RS500, RS1000, RS2000, Itemcode, chip, beam, array, 固定型, UHF, RFID, 1W, Brickyard, Monza, IPJ-REV-R420, IPJ-REV-R220, IPJ-REV-R120, IPJ-REV-R640, IPJ-REV-R660, IPJ-REV-R680, IPJ-DREV420, IPJ-A2003-000, IPJ-A2051, IPJ-A6001-000, IPJ-A6051-000, IPJ-A5000-000, IPJ-A4000-000, IPJ-A0400, IPJ-A0402, IPJ-A0402, IPJ-A0311, IPJ-A0311, IPJ-A0303, IPJ-A0404, IPJ-S4001, IPJ-E6002, IPJ-E4000, IPJ-E4001, IPJ-P6001, Monza X-2k Dura, IPJ-P6005-X2AT Monza X-8k Dura, 構内無線局
Speedeway Connect
Impinj社製 Speedway コネクト UHF RFID リーダーソフトウェアを使用することで、バーコードテクノロジーから移行が簡単に行えます。Speedway コネクトソフトウェアは、バーコードの読み取りポイントをRFIDテクノロジーへの移行を最小限に抑え、費用対効果を上げられます。 RFIDの経験があまりなくても容易に使用できるツールで、ビジネスを拡大するためにRFIDテクノロジーをご活用ください。

製品の特長

Speedwayコネクト ソフトウェア

Speedway コネクトソフトウェアがImpinj社のリーダーファミリーに次のことを可能にします:

Impinj社のRFIDテクノロジーで、最小限の投資でバーコードを置換えます。

Speedway Revolution リーダーを直接制御。(リーダーを設定する使いやすいグラフィカル・ユーザー・インタフェース) 。

USB-HID、シリアルや他のフォーマットを含む、複数のデータ出力オプションで既存のアプリケーションに簡単に統合できます。

このツールを使用して簡単にRFIDを使用し、新しい捜査上の生産性を経験でき、今後のRFIDシステムで更に効率化を行うことについての発見が得られます。

Speedway Connect は Impinj社 Speedway Revolutionリーダー上で動作するソフトウェアです。Speedway ConnectソフトウェアはRFIDからEPCデータを読み取り、ミドルウェアや追加コード無しに、直接ホストコンピュータに出力します。 例えば、これはシリアル接続でRFIDのデータを必要とするアプリケーションで有効です。

以下のサイトでEPCデータをシリアルでEPCをコンピュータに出力する方法を説明しています。 https://support.impinj.com/hc/en-us/articles/202756448-Serial-Output-with-Speedway-Connect-Software-VIDEO-

例えば、Speedway RevolutionのGPIOポートからのRS232シリアル出力を コンバーターモジュールを使用して、Wiegand, RS485, CANなどに変換できます。

プログラムコードを追加することなく、Speedway Connect ソフトウェアがデータを取得します。 Speedway Connect ソフトウェアは以下のシリアル設定を使用します。
ボーレート:115,200 (Speedway Connect version 1.4で設定可)
データビット:8
パリティなし
ス トップビット:1
シリアルケーブルはNullモデル (Rx->Txおよび Tx->Rx)

対応ブラウザ(2.4.0)
Google Chrome
Mozilla Firefox
Microsoft Edge

当社や商品に関することなど、
お気軽にお問合せください。