RFIDハードウェア開発
ハードウェア開発の実績と知識・経験豊富なRFIDのスペシャリストのシェン・ヒーローにお任せください。

RFID機器の開発

RFIDリーダーをよりシンプルに構築する方法

高性能なRAIN RFIDリーダーを設計することは、簡単なことではありません。今日、必要な機能のほとんどが実装されているマーケットにあるチップセットプラットフォームを選択し、それを中心にリーダーを構築することができたとしても、多くの技術的な詳細、特に超高周波信号の正しい取り扱いに直面します。つまり、RAIN RFID空中線プロトコルの詳細をすべて知る必要はありませんが、優れた読み取り性能を得るため、また規制に準拠するためには、非常に優れた電波技術が必要になります。 長距離でタグを読み取るには、主に2つのことが必要です。タグを「起動」するための高出力信号の生成と、タグから反射される非常に小さな信号を「傍受」できるようにするための優れた受信感度です。高出力を得るためには、チップセットの出力とアンテナコネクターの間にパワーアンプ(およびその他の回路)を追加し、干渉を避け、規制に準拠し、自己妨害効果を避けるために、得られる信号が十分にクリーンであることを保証する必要があります。

これらすべての面で、設計には高い高周波技術が必要であり、PCB(プリント基板)の製造には特別な注意が必要です。

しかし、RAIN RFIDリーダーを構築したり、デバイスにこの技術を組み込みたいと考えているなら、もっとシンプルな方法があります。RAIN RFIDの機能を統合するための幅広い組み込みコンポーネントを提供しています。フォームファクタ、読み取り距離、消費電力に応じて多様なモジュールを提供しているため、お客様のデバイスに最適なコンポーネントを見つけることができます。

組込みモジュールとコンピューティングプラットフォームを組み合わせることで、限られた設計工数でスマートかつ高性能なRAIN RFIDリーダーを設計することができます。コンピューティングプラットフォームは、プロジェクトに応じてカスタム設計することもでき、Arduino、Raspberry、BeagleBoneなどの有名なものから選ぶこともできます。

ハードウェアとソフトウェアの両方に関する詳細な技術サポートを提供しており、モジュールを使用した製品の認証プロセスもサポートしています。

組み込みモジュールの詳細については、ウェブサイトをご覧いただくか、お客様のアプリケーションに最適なモジュールについてのアドバイスをご希望の場合はお問い合わせください。

当社や商品に関することなど、
お気軽にお問合せください。