RFIDまたはラベルを正しく選択する方法

19.11.2019
Article

プロジェクトでRFIDタグまたはラベルを正しく選択する方法

RFIDの世界には、多くの異なるタグやラベルがあります。しかし、プロジェクトにはどのタグが最適ですか?!適切なRFIDタグまたはラベルを選択する際には、必要な性能、タグ取付物の素材、環境条件などの特定の要因について考慮する必要があります。プロジェクトに最適でないタグを選択した場合、プロジェクトが失敗となる場合があります。最適なRFIDタグを選択することは、プロジェクトの成功に非常に重要なものになります。このガイドでは、5つのステップでプロジェクトに最適なRFIDタグを選択できるように支援します。

1.タグ取付物の表面素材

最初に答える必要がある質問は、タグ取付物の表面素材です。タグを貼り付ける対象物は、プラスチック、木、ガラス、金属、またはその他の素材ですか。一般的に、RFIDタグはプラスチック、木、または段ボールでよく動作します。
金属、ガラス、または液体を含む対象物は、RFIDリーダーとタグ間の通信を妨害する可能性があるため、タグを取り付けることがより複雑な素材です。適切なRFIDラベルを調査する際、タグがこれらの素材に適しているかどうかを確認する必要があります。
金属、ガラス、または液体を含む製品で適切に機能するタグは、通常、一般的なRFIDタグまたはインレイよりも高価です。

2. 環境条件/IP保護等級

環境条件はタグの読取結果に影響を与える可能性があります。そのため、タグを使用する環境条件を評価することが重要です。
質問は以下の通りです。

  • タグまたはラベルが置かれる環境条件は何ですか?
  • ひっかき傷や衝撃に耐える必要があり、RTI(返却可能輸送品)の使用に理想的な選択肢になりますか?
  • 特定の温度下でも動作保管する必要がありますか?
  • 化学的浸漬や特定の湿度範囲で動作保管する必要がありますか?

タグの仕様を確認して、プロジェクトの環境条件を満たしていることを確認してください。最も過酷な環境に耐えるために開発された多くのRFIDタグもあります。

3. タグのサイズと読取範囲

タグのサイズは重要です。一般的にタグのサイズは読取範囲に関係しています。
そのため、数メートルの読取範囲が必要な場合、適切なタグのサイズは数センチメートルの読取範囲が必要な場合よりも大きくなります。
ただし、タグ取付物の表面積も考慮する必要があります。タグ取付物の特定のスペースに合わせて、特定の形状またはサイズが必要になる場合があります。
RFIDタグは各メーカーが様々なサイズと形状で製造しているため、要件を満たすRFIDタグが見つかります。

4. 取付方法

タグまたはラベルの適切な取り付け方法は、いくつかの要因に依存し、タグ取付物の素材と形状、および環境条件によって異なります。
一部のRFIDタグとラベルには接着剤で固定するための接着剤が付いていますが、ケーブルタイ、ネジ、または釘で取り付けることもできます。タグとラベルの取付方法は、通常、タグの仕様書に記載があります。

5. メモリ / チップタイプ

タグまたはラベルのメモリサイズは、タグまたはラベルに保存できるデータ量に影響します。多くのRFIDタグのメモリサイズは最大2キロバイトで、アイテムに関する基本的な情報を保存するのに十分です。
多くのアプリケーションは拡張メモリを必要としませんが、タグをカスタマイズすることでメモリサイズを拡張できます。

シェン・ヒーローは最適なタグをリーダーやシステムとともにご提案します。

高温(High Temperature)RFIDタグ

耐熱RFIDタグは、自動車製造、ペイントショップ、金属鋳造、タイヤ製造、射出成形、石油およびガス掘削などの高温アプリケーション環境で動作します。

高温対応RFIDタグは、通常のアプリケーション温度が85℃~250℃の間で循環するため、セラミックなどのパッケージ材料を使用し耐久性があります。400℃対応のタグなど、様々な高温対応タグをご提案いたします。

ロングレンジRFIDタグ

長距離(Long Range)RFIDタグは、製造、在庫、ロジスティクスの分野で屋外および屋内のアプリケーションで使用されます。

バッテリがないパッシブRFIDタグの場合、読取範囲はRFIDシステムで使用されるリーダーのタイプ(性能)によって異なります。小型形状で長距離読取を実現するパッシブタグさまざまなサイズ、周波数、および接続オプションをご提案いたします。

超小型RFIDタグ

超小型RFIDタグにより、産業用ツールの追跡、MROツールの制御、外科用の追跡など、ミッションクリティカルな資産のアイテムレベルの追跡が可能になります。

産業用RFIDタグの課題はタグの読取範囲と精度がサイズに相関しているため、全体的なパフォーマンスにあります。

オートクレーブ対応RFIDタグ

医療機器メーカーや医療機関では、滅菌処理の患者の安全を確保するために、オートクレーブ対応のRFIDタグが利用されています。

医療用オートクレーブは、熱によって微生物を死滅させ、医療機器や器具を滅菌するものです。 CS/SPDの処理サイクルで使用される高温や過酷な化学物質に耐えるように設計されているオートクレーブ用のタグをご提案いたします。

堅牢性RFIDタグ

耐久性に優れたRFIDタグは、工業用オートクレーブ、製造プロセス、油田、オフショアのプラットフォームなどの世界中の最も厳しい環境下で使用されています。

耐久性を高めるためには、衝撃、腐食、圧力、水などからタグを保護するために、パッケージとケーシングの素材を組み合わせることが一般的です。しかし、特殊なアプリケーション環境では、特殊な技術革新が必要となります。

埋め込み型RFIDタグ

印刷可能なRFIDタグは、グローバルなサプライチェーン、部品管理、IT資産、高額商品、リターナブルトランスポートアイテムの管理、ヘルスケアなどの分野で使用されます。

印刷可能RFIDタグ

印刷可能なRFIDタグは、グローバルサプライチェーン、部品管理、IT資産、高価値アイテム、返品可能な輸送アイテムの管理、ヘルスケアの分野で永続的な可視性を提供します。

すぐに印刷できるフレキシブルなラベルや、金属の上でも下でも機能するように設計された、サイズ、周波数、耐久性などのオプションのタグをご提案いたします。

防爆対応RFIDタグ

ガス、蒸気、ミスト、パウダー、ダストなどの爆発性雰囲気のリスクがある環境では、爆発に対するATEX/IECEx認証を取得したRFIDタグが必要です。

当社や商品に関することなど、
お気軽にお問合せください。
Page Top